トップ > SkyGarden出張所 > ubuntu server ppc > サーバー用OSのインストール

サーバー用OSのインストール

2010年5月10日 | カテゴリー: ubuntu server ppc, 自宅サーバー

タグ:

ようやくサーバーマシンにOSをインストールします。
ここではサーバー用のOSの選定と、実際のインストールについて説明します。

サーバー用のOSについて

サーバーマシンによってインストール出来るOSの種類が変わります。具体的にはサーバーマシンに搭載されているCPUによって区別されます。
凄い大雑把な区分けをすれば、intel及びAMDか、PowerPCまたはそれ以外という感じでしょうか。

intel及びAMDは「x86」系と呼ばれ、ほぼ全てのLinuxディストリビューションOSが動きます。一方PowerPC(以下「PPC」)系は5・6年前までのMacやPS3等に搭載されているもので、動作するLinuxOSはx86系と比べてかなり少なくなります。
※サーバー用OSとしてはLinux以外にBSD系がありますが、今回は対象外としています。

PPCで動作するLinux OSを選定する

PPC上で動作する有名なLinux OSは以下の通りです。

このうち有料なのはYellow Dog Linuxのみで、他は全て無料で使用出来ます。

私はVine Linux→openSUSE→Ubuntu serverに落ち着きました。
Yellow Dog Linuxは有料なのでまず候補から外れて、次に当時あまり知らなかったDebianを(公式サポートがあるにも係わらず)外しました。またFedoraはOSの性格上リリースサイクルが非常に早く、サポートが13ヶ月程で切れてしまうので外しました。

残ったVine LinuxとopenSUSEで、日本向けに開発されているということでVine Linuxに決め、インストールして一通りの環境を構築しました。
Vine Linuxは比較的枯れたパッケージを採用しているので大体の環境下に於いて確実にインストールしやすいのと、デスクトップ環境として利用した際にかなり軽いのが驚きでした。
しかしパッケージの絶対数が少なめで、色々と必要なものを入れようとした時に手間取ることが多かったのと、自分の環境下では何故かログファイルがとんでもない事になり、敢え無く断念。

openSUSEはハードウェアの認識力が半端なく、レスキュー用OSとして使えそうだという印象が。今までVine Linuxに慣れていた分、ちょっととっつきにくかったので採用は見送りました。
こうした経緯を経て、普段実験用に使ったことのあるUbuntuのサーバー版をインストールすることにしました。

※今思えばUbuntuはDebianの派生ディストリなので、Debian入れた方が良かったかも(;・∀・)

インストールはあっという間

それではインストールに取り掛かります。
まずPPC用のisoイメージをダウンロードします。

【Ubuntu 8.04.1 LTS for PPCのサーバー用isoイメージはこちら】

【Ubuntu 10.04 LTS for PPCのサーバー用isoイメージはこちら】

ダウンロードしたらディスクイメージとしてCDやDVDに焼いて下さい。
Windowsの場合はDeepBurner Free等のISOを書き込み出来るソフトを使います。
Macの場合はディスクユーティリティから作成出来るようです。

※余談ですが、Win系PCでUSBブートが可能な場合、unetbootinを使ってUSBメモリに起動イメージを作成した方が便利かと思います(ネットブックなど、光学メディアが使えない場合は必須楽(又はネットワークインストール))

ここからしばらくはmac mini本体にディスプレイとキーボードおよびマウスをつけての作業になります。
CDを作成したらmac miniに入れ、再起動後「C」ボタンをしばらく押したままにしてCDから起動させます。

Ubuntu serverのインストールプログラムが起動したら、後は画面のガイドに沿ってインストールしていきます。
インストール完了までですが、当方のmac mini G4で約30分程、ネットブック上の仮想環境にインストールで15分程でした。

インストールの過程の説明については詳細に説明されているサイト様が多数ありますので省略します(汗 詳しくは下記サイト様をご参照下さい。

※インストール時にはHDDの空き容量が最低2GB以上必要です。当方は下記スペック下においてインストールしました。

  • CPU:PowerPC G4/1.42GHz
  • HDD:80GB/5400 rpm 2.5インチ パラレルATA
  • メモリ:1GB/DIMM DDR SDRAM PC3200

参考サイト様

(PPCの公式サポートあり)

トラックバックURL

コメント / トラックバック1件

  1. […] サーバー用OSのインストール […]

コメントをどうぞ

宜しければコメントをどうぞ