トップ > SkyGarden出張所 > 自宅サーバー > ルーターについて→その1:導入機器について

ルーターについて→その1:導入機器について

2010年5月7日 | カテゴリー: 自宅サーバー

タグ:

ルーターは無くても自宅サーバーを公開することは出来ますが、あった方が遥かに楽です。
ルーター機能を構築する手間やコストを考えると、素直にルーターを導入した方が良いでしょう。

ルーター導入を検討する前に

まずはプロバイダーより支給または貸与されているモデム等を確認します。

機器によってはルーター機能を持っているものもあり、その場合は新規にルーターを追加する必要はありません。私の場合は普通のADSLモデムだったので、別途ルーターを追加しました。

また、ルーターの性能によって回線速度にも影響が出ますので、導入の際は色々調べた方が良さそうです。
※私は「安い」というだけで某メーカー品を買ってしまいましたが(汗 実際とあるルーターにて回線速度の低下や頻繁に固まるという経験をしています><

ルーターに欲しい機能

次に、ルーターの機能として「DHCPサーバー機能」「NAPT機能(IPマスカレード)」「ポートフォワーディング機能(またはDMZ)」があるか確認します。DHCPサーバー及びNAPTは大半のルーターにはまずあると思います。「ポートフォワーディング機能」はあれば大変便利ですが、NAPT機能が有れば大丈夫のようです。
更に「パケットフィルタリング機能」があると尚良いかと思います。

このサーバーに使用しているルーターは、一応全ての機能がありました。
あと、私はたまたまルーターを別途1台譲り受けたので、2段ルーターにして自宅内LANを切り離しています。

参考サイト様

トラックバックURL

コメント / トラックバック1件

  1. […] ルーターについて→その1:導入機器について […]

コメントをどうぞ

宜しければコメントをどうぞ